亀頭直下埋没法

亀頭直下埋没法という包茎手術が有りますが、これは美容クリニックや形成外科等で行っている術式になります。この方法は、勃起時の陰茎の長さを参考にして包皮を切除します。その後、切除した部分を亀頭のすぐ下で縫合します。この方法は、縫い目が目立ちにくいため、包茎手術を行っているのは形成外科やクリニックになります。

亀頭直下埋没法は、裏スジを切除する事無く完了できるので、性感が下がる事はありません。しかし、医療機関によっては切除してしまう場合もあるので、手術を受ける際には担当医に確認しておきましょう。切除する理由としては、早漏の防止となっています。

亀頭直下埋没法のメリットは、縫合部分が亀頭直下なので、縫い目が目立たない事です。また、陰茎が勃起したときの長さを参考にして包皮を切除しているので、勃起したときでも突っ張らず、自然な勃起となります。

この術式は、医師の技術力が無ければ包皮と亀頭のトラブルが生じてしまう可能性があります。包皮の切開や縫合がしっかりと確実に行われていなければ、激しい痛みや激痛が伴う可能性もあるので、この方法を選択する場合には、それなりの準備や術後のケアが必要になります。

術後には、色々と制約があるので、それらをしっかり守らなければなりません。亀頭直下埋没法を受ける場合には、それなりのデメリットも承知しておきましょう。