背面切開(バックカット)

包茎手術の方法の一つにバックカットがあります。背面切開と言い、亀頭と包皮がはがれた後、包皮の開口部より縦に切込みを入れます。そうする事により、亀頭が露出しやすい状態を作ることが出来るので、重度の仮性包茎、カントン包茎や真性包茎の治療方法として広く使用されています。

背面切開法は、所要時間がわずか15分程度であり、全身麻酔による施術になるので、手術中に痛みや違和感無く手術を終える事が出来ます。また、包皮を切除しない事から子供の包茎手術でも使用される場合があります。

バックカットのメリットは、包皮を切除する必要が無く、切込みを入れる部分も少ない範囲で済むので、体への影響が少ない事が言えます。また、傷口の治りが早く、後遺症になるリスクも少ないので、この術式を使用する頻度は高いです。

背面切開法のデメリットは、大きくはれ上がってしまう事もあります。また、余分な包皮を切除するわけではありませんので、余っている包皮が垂れ下がってしまい、見た目が悪くなる可能性もあります。

バックカットは、メリットとデメリットがありますので、手術する場合には、陰茎がどの様な状態か把握し、どの方法が適しているか医師と相談する必要があるので注意しましょう。