環状切開

環状切開法は、包茎手術の中で多く採用されている術式であり、多くのクリニックで使用されています。この術式は、陰茎を出来るだけ伸ばして、余分な包皮を切除する方法です。切除は輪切りであり、残った包皮を縫合するので、余分な包皮は無くなります。

この方法で心配されるのは、性感帯である裏スジです。包皮小帯は性感を得るのに必要な部分であり、これを切除してしまうと性感を得る事が出来なくなってしまう可能性があるので、注意しましょう。この部分は、早漏防止のために切除する人もいますが、現在では裏スジは残しておくのが一般的となっています。

環状切開のメリットは、裏スジを切除しなくても良いので、性的感度が下がる事がありません。また、比較的簡単な手術となるので、失敗する可能性が低く、施術に掛かる時間も30分程度になります。

この術式では縫合がありますが、溶けてなくなる医療用の糸が使用されるので、抜糸の必要がありません。さらに、切除する包皮の長さは、勃起したときの陰茎の長さから決まるので、術後の性行為で勃起した場合でも、包皮が突っ張って痛みを発する心配もないのです。

デメリットは、術後の色です。亀頭付近のピン色の包皮と、黒くなっている根元付近の包皮を縫い合わせるので、ツートンカラーとなります。その見栄えはあまり良いとは言えないので、悩む方もいます。