包茎手術の方法

包茎で悩んでいる方は、専門医に相談する事になりますが、包茎手術は必ず受けなければいけない手術ではありません。しかし、真性包茎や仮性包茎は色々な悩みを抱える原因になるので、手術を受ける事をお勧めします。

包茎手術の方法は色々ありますので、その状態により出来る術式を選択する必要があります。包茎手術では、余分な包皮を切除して、完全に亀頭を露出してしまう方法もあれば、包皮を切除することなく、接着剤や糸などを使用し、包皮を剥いた状態を固定する方法等があります。

これらの手術には、メリットやデメリットがあるので、専門医のアドバイスを受け、術式を選択しましょう。また、仮性包茎の状態でしか受ける事が出来ない場合や、適応できる条件が有ります。術式などを参考にし、どの方法が適しているかしっかりと確認する必要があります。

包茎手術の中で広く使われる術式が環状切開法です。比較的簡単な術式になるので、使用する頻度は高いです。また、背面切開という方法もありますが、この方式は重度の仮性包茎やカントン包茎、さらには真性包茎の方に適用される術式になります。

その他にも亀頭直下埋没法やナチュラルピーリング法等があり、術式も色々あります。これらの手術は、縫合だけになるのか、切開して縫合するのかでその後のケアも変わってきます。縫合の場合、医療用の溶ける糸が使用されるので、抜糸の必要が無いのが特徴です。

包茎手術を受けようとしている方は、これらの術式を相談し、出来るだけ早めに受ける事をお勧めします。